eat hack

管理栄養士が「食」のライフハックをまとめているブログ

会社の冷房(クーラー)で冷えて辛い!体調が悪くならないようにするための対処法まとめ

猛暑はつらいですが、体が冷えやすい人にとっては室内のクーラーの効きすぎもまた辛いのではないでしょうか?


クーラーが効きすぎた部屋で作業をしていると体調が悪くなるという方も少なくないでしょう。私も、クーラーがきつい部屋で仕事をしているとだんだん頭が痛くなってきて仕事どころじゃなくなってしまうのが悩みです。自分ひとりでクーラーの温度を操作するにはいかないし、なんとか自分でコントロールしないといけません。


この記事では、クーラーがきついとつらくなってしまう原因とその対処法をまとめています。

クーラーのせいで体調が悪くなるのはなぜ?

f:id:migaruhack:20180806203902p:plain:h200
ガクガクブルブル


クーラーのせいで体調が悪くなるのは、シンプルに「冷え」のせいです。いわゆる冷え性ですね。
「冷え」にはこんな症状があります。

冷え性の典型的な症状としては、手足の冷えが知られています。しかしそれだけでなく、鼻水のどの痛み頭痛といった風邪に似た症状から、全身のだるさ疲れやすさ食欲不振下痢などの消化器障害、イライラ感肩こり腰痛肌荒れ生理不順など、人によってさまざまな症状がみられます。
引用:夏の体調管理は「冷房病対策」から | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア


病院にいくほどでもないけど、どれもつらいし気になりますよね・・・。


また、冬に感じる「冷え」とは違って、夏の「冷え」はクーラーの効いた屋内にいるときにだけ感じるので、外に出たときとの気温差でまた体が疲れてしまいます。


体温を調節してくれている「自律神経」が混乱してしまうので、冬よりも夏のほうが冷え対策にじゅうぶん注意しないといけないといえるでしょう。

クーラーのせいで体調を崩さないようにするには?対処法まとめ

クーラーで冷えてしまわないようにするためには、クーラーを適切な温度で使うことが一番ですが、それができていれば苦労はしませんよね。会社や公共施設など、自分好みの設定温度にできない場合の対処法をまとめていきます。

厚着して体の外から冷え対策

f:id:migaruhack:20180806204010p:plain
完全防備


カーディガンストールなど、屋外と屋内の気温差に対応できる羽織ものを常備しましょう。


●会社での冷房対策として、ひざかけなどの冬に使うあったかグッズを会社に置いておきましょう。重ね履きできる靴下を置いておくのもいいですね。


温かい飲み物を飲んで体の中から冷え対策

f:id:migaruhack:20180806204128p:plain:h200


「暑いから」「夏だから」という理由で、ついつい冷たい飲み物を飲んでしまいがちですが、当然体を冷やしてしまいます。クーラーのいる部屋にいて辛いときは、できるだけ温かい飲み物を飲むようにしましょう。


●屋外用の冷たい飲み物と、屋内用の温かい飲み物、と水筒を2本持ち歩くといいですね。


●会社で給湯器が使えるなら、マグカップとスティックタイプのお湯に溶かして作れる粉などを常備しておくのがおすすめ。



体を温めてくれる食べ物を味方につけよう!

f:id:migaruhack:20180806204248p:plain:h200
からいものは汗をかくので×


ココアしょうがシナモンなど体を温める作用のある食べ物をとることを意識してもよいでしょう。いずれも飲み物をとるときに取り入れやすいですね。


唐辛子などの辛いスパイスをとると体が熱くなるイメージがありますが、スパイスは体を熱くしたあとに急激に冷ますのでおすすめしません。

筋トレして寒さに強い体をつくる

f:id:migaruhack:20180806204401p:plain
ねつを、うまなきゃ・・・


熱をうみだす体の部位は「筋肉」です。筋肉がすくないと、それにともなって熱をうむ量が少なくなってしまいます。女性に冷え性の方が多い原因のひとつともなっています。


長期的な冷え対策になりますが、「筋トレ」をする習慣をつけるのがおすすめです。筋トレのやりかたがわからない場合はトレーナーさんのいるジムに一度通うことをおすすめします。女性なら相当がんばらないと「ムキムキ」にはならないので、ご安心ください。


まとめ

冷房がきつくてつらい・・・
体調が悪くなってしまう・・・


その原因は、シンプルに体が冷えているからです。夏は屋外が暑く、よけいに体温調節がたいへんで自律神経に負担がかかるので、冬よりもしっかりと冷え対策をするべきです。


自分で空調を設定できない環境でつらさを感じる場合は、以下のような対策をしましょう。

●体の外から冷え対策→カーディガンなどの羽織ものや、ひざかけなどのあったかグッズを活用。


●体の中から冷え対策→温かい飲み物を飲む。ココアやしょうがなど体を温める作用のある食べ物をとりいれるのもおすすめ。


暑くて寒い夏、自分の体は自分で守りましょう!


昔から「冷えに効く」といわれている生姜。味が苦手・・・そんなときはサプリメントで補うのもありです!





最後までお読みいただきありがとうございました^^


この記事を書くにあたって、参考にしたサイト様です。
夏の体調管理は「冷房病対策」から | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
【食物は5つの性質 五性】 食養生とは|食養生.com 健康食や食生活改善の情報をお届け。漢方や健康茶、健康食品もご紹介!