eat hack

管理栄養士が食べ物のエトセトラを発信するヘルシーブログ

【王道ダイエットシリーズ】やせるために食事制限が必要かどうかはBMI計算でわかる

流行りのダイエットや痩せる方法はネットにたくさんありますが、「バラエティー感」が否めないものも少なくありません。管理栄養士の私からすれば…テレビで話題になるダイエットは効果が一時的だったり、それは人を選ぶんじゃない?というようなものに見えるんですよね。


ほんとうに痩せたいなら、まずはダイエットの基本を知ってほしいです。数回に分けて、「肥満症の治療」にもとづいた王道ダイエットの方法を書いていきます。


第一弾は、「BMI計算」をして自分の「ほんとうの体格」を知ろう!です。

ボディイメージゆがんでいませんか?

この記事を読んでいるあなたは当然「痩せたい」と思っておられるでしょう。ですが、そもそも論になりますが、あなたは痩せる必要があるのでしょうか?


ボディイメージという言葉があります。身体に対してその人が持つ意識的または無意識的な認識のこと、と定義されています。
何らかの原因でただしいボディイメージが持てなくなってしまうと、すごく痩せているのに「まだ太っている!痩せなきゃ!」と過度なダイエットに走り、栄養失調で倒れてしまうなんてことがあります。拒食症の患者さんに多いようです。


「太っている」というのは主観的な認識です。実際は太っていないのかもしれません。


客観的な視点から「太っているかどうか」を判断できるのが「BMI計算」です。

BMI計算をすれば、自分の体格がわかる

f:id:migaruhack:20180808202824p:plain:h200
BMIを計算しよう!


BMIとは「Body Mass Index」の略で、「体格指数」と訳されます。


計算方法は以下の通りです。

BMI=体重(kg)÷〔身長(m)の二乗〕

※男女共通、成人が対象


たとえば身長160cm(=1.6m)で50kgの人ならば、BMI=50÷(1.6の二乗:2.56)=19.5となります。


体格の判定は以下の通りです。

BMI<18.5 →低体重


18.5≦BMI<25 →普通体重


25≦BMI →肥満

食事制限ダイエットはBMIが25を超えてから

f:id:migaruhack:20180808202716p:plain:h200
ダイエット≒食事制限

BMIは体格指数であるのと同時に、エネルギー(カロリー)摂取量と消費量のバランスを示す指標としても使われています。

BMI<18.5 →低体重=摂取カロリーが不足


18.5≦BMI<25 →普通体重


25≦BMI →肥満=カロリーの摂りすぎ


BMIが25より大きい場合はカロリーの摂りすぎだといえるので、食事制限を視野に入れたダイエットが必要です。


一方、BMIが25より小さい場合はカロリーは適切(もしくは足りない)なので、食事制限ではなく運動によるダイエットをおすすめします。

目指すべき体重はBMI=22となる体重!

f:id:migaruhack:20180808202431p:plain:h200
ちょうどいい体重をめざそう


観察疫学研究の結果からBMIが18.5以上25の人が総死亡率が低いことがわかっていて、これが健康に生きるために目指すべき体重の基準とされています。


特にBMIが22の人が健康だというデータがあります。身長ごとにBMIが22となる体重をまとめたので参考にしてください。

145センチ:46.2kg
150センチ:49.5kg
155センチ:52.8kg
160センチ:56.3kg
165センチ:59.8kg
170センチ:63.5kg
175センチ:67.3kg
180センチ:71.2kg

このように、BMIが22となる体重をダイエットの目標にすることをおすすめします。身長が変わらない限り一定なので、一度計算したらOKです^^ 
計算式は22×身長(m)×身長(m)です。


計算したら体重を図ってみて、差を確認してくださいね!



王道ダイエットシリーズ、第二弾は「食事制限」をテーマに書く予定です。
BMIが25以上の方向けの記事になります。