eat hack

管理栄養士が食べ物のエトセトラを発信するヘルシーブログ

結局どんなダイエットをすれば痩せるの?正しい体重の減らし方を知るのが近道

流行りのダイエットをしても痩せない・・・
結局、何をすれば痩せられるの!?


「いろいろなダイエットを試してみては挫折の繰り返し!」と苦労している方は少なくないと思います。
糖質ダイエット、バナナダイエット、レコーディングダイエットなどなど、出ては消える一発芸人のようなダイエット界。
そんな流行り廃りのなかから、自分に合ったダイエットを見つけるのは大変!


そこで、この記事では「肥満症の人がどんな治療を受けるのか」ということをもとに、「正しい体重の減らし方」をまとめます。
「このダイエットは効果がありそう!」とか「これはうそっぽいな~、テレビの演出?」とか判断できるので、ダイエットの基本を知っておけば効率よく痩せられるはずです!

正しい体重の減らし方は、「食事」が基本

肥満症の方が病院で体重を減らすために指導を受けるとき、このようなことを注意されます。

・一日の摂取カロリーを適正にすること
・糖質、脂質、たんぱく質の栄養素バランスを適切にすること
・行動療法を取り入れ、食事時間を一定にするなど食事習慣を改善すること
・運動療法を併用すること

参考:臨床栄養管理ポケット辞典改訂 [ 松崎政三 ]


簡単に言えば、
・カロリー&栄養のバランスが良い食事をとりましょう
・規則正しい生活をしましょう
・運動もしましょう

ということにすぎません。

はっきりいって、すごーく地味ではないでしょうか?

ですが、これが正しい体重の減らし方です。
体に悪影響がでるほど太ってしまって「肥満症」と病院で診断されたら、治療するときにはこのように指導されるのが基本です。

まとめ

ほんとうに痩せるダイエットは「地味」です。


食べ過ぎない、
偏った食事をしない、
運動をしっかりして規則正しい生活をする・・・
こんな、保健の授業で習うような「ごく当たり前の、健康にいいこと」が正しいダイエット方法です。


この基本を覚えておくと、「○○ダイエット」に翻弄されることもなくなるでしょう。