eat hack

管理栄養士が食・美容・健康について研究するリアルなブログ

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

ダイエット商品の闇について知って考えたこと|痩せるサプリを買うのはオススメしない

こんにちは!ゆきかもめです。


f:id:migaruhack:20190320224058j:plain


「ダイエット商品」って色々ありますよね。

・置き換えダイエット食品


・サプリメント


・運動器具


などなど。


たくさんあるということは、それだけダイエットについて悩んでいる人がいて、需要があるということです。


そんなダイエット商品の「闇」について書かれたインタビュー記事を拝見しました。


headlines.yahoo.co.jp



とっても興味深かったので、読んだ感想を書きます。

「ダイエットカフェ」運営者のインタビュー記事を読んで考えたこと

本当に痩せるサプリは「ほぼ毒」!?―― “青汁王子”逮捕で注目、専門家が語る「ダイエット商材の闇」とは(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース」はヤフーニュースで見つけたのですが、ダイエットに悩んでいる人は一読すべき記事だと感じました。


ダイエット商品専門のレビューサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんがインタビューされた記事です。


ダイエット商品の真実と闇について書かれているので、「ついダイエット商品を買ってしまう」「痩せられる◎◎に目がない」という方はぜひ読んでみてください。


以下、わたしがこちらの記事を読んで特に気になったところと感想をまとめていきます。


ダイエット商品の70%は効果がない

f:id:migaruhack:20190320224514j:plain


「そもそも、ダイエット商品って効果があるのか?」という質問に対して、福田尚広さんはこう答えておられます。

ダイエットカフェでは現在、8000種類以上の商品を扱っています。


そのうち口コミ数が一定以上あった834商品について調べたところ、およそ7割は「体重が減らない人のほうが多い」という結果になりました。


ダイエット商品を利用しても、体重が減らなければ意味がないですよね。


ダイエット商品そのものに問題がある(ダイエット効果がないのに嘘をついて販売している)のか、ダイエット商品の効果を打ち消すほど生活習慣が乱れている(=使う本人の問題)のかはハッキリしませんが…。


ダイエット商品は星の数ほどありますが、購入するときは「効果がない可能性が高い」という意識を持つべきなのかもしれません。


広告を信じて購入するまえに、「痩せられるという根拠」を確認したり、「実際に使ったひとのレビュー」を探すことで自衛できそうです。


効果があるダイエット商品は[「痩せる理由」が理解できるもの

f:id:migaruhack:20190320224212j:plain


「体重が減らなかった」ダイエット商品が70%ということは、「体重が減った」ダイエット商品が30%あるということです。


それはどんな商品なのか??福田尚広さんはこう答えておられます。

効果があった3割の内訳を見てみると、運動系DVDが一番効いていますね。


あとはダイエット系のエステも入ってきています。ただ、エステの場合は汗をかいて体重が減っただけという印象もありますが……。


それから置き換え商品の一部ですね。食事の代わりにその商品を摂ることで、1食分を置き換えるというものです。

たしかに、運動系DVDも置き換え商品も「痩せる仕組み」がハッキリ理解できる商品です。


まず、運動系DVDは、単純に「動いてカロリーを消費して痩せられた」ということです。ただ運動するのが苦手な人でも、DVDを使うことで楽しく運動ができてたくさんカロリーを消費できたのかなと考えられます。


置き換え商品は「いつものごはんよりカロリーの低いものを食べた」、つまり食事の量を減らしたのと同じことです。「一切食べない!」というのはしんどいですが、カロリーの低いダイエット商品をご飯の代わりに食べることで無理せずに食事制限ができたのでしょう。


効果があるダイエット商品には、こんな共通点があるように思いました。

・「痩せる流れ」がイメージできる商品であること


・「動いてカロリーを消費する」「食べるのをガマンして摂取カロリーを減らす」というしんどいダイエットを楽しく・ラクにできるような、お助け商品であること


この条件を満たすダイエット商品なら、買う価値があるでしょう。


ダイエットサプリは買うべきではない!

f:id:migaruhack:20190320224345j:plain


「飲むだけで痩せるサプリ」とか「一か月でー10kg!」など、簡単に痩せられることを謳うダイエット商品の広告ってよく目につきますよね。


でも、ダイエットサプリについて、福田さんは苦言を呈されています。

口コミを分析したところ、75.4%のサプリは飲んでもほぼ痩せないようです。おそらくビタミン剤みたいなものなのでしょう。


ただ、24.6%は実際に痩せたという結果が出ています。


ただ、こうしたサプリの多くは日本では販売を禁止されていたり、厚生労働省が注意を呼びかけたりしているもので、痩せる代わりにものすごい副作用があるんですよ。この副作用の中にはほぼ毒と言ってよいほど人体に有害なものもあります。

まとめると、「70%のダイエットサプリは効果なしで、残りの30%ダイエットサプリは効果があるけど副作用があり体に良くない」ということですよね。


ダイエットサプリは買わない、と心に決めましょう・・・!


悪質アフィリエイト記事に注意!

f:id:migaruhack:20190320224611j:plain


過激なダイエット広告は減っているそうですが、代わりに悪質なアフィリエイト記事が問題視されているようです。福田さんはこう言われています。

販売業者よりもアフィリエイターの方が過激なことを書きがちな傾向はあります。


薬機法(旧薬事法)がありますから、広告主(商品の販売元)は自分で「痩せる」とは書けません。しかし、アフィリエイター個人の感想としてならそういう過激なことも言える、そういう認識で使っているんだろうなと感じます。


アフィリエイター側も自分で商品を作っているわけではありませんし、匿名や偽名で書いている人も多いので、悪いことをしている感覚が薄くなってしまうのでしょう。


「アフィリエイター」というのは、ブログなどにダイエット商品の特徴や使った感想を書いて、いっしょにダイエット商品の広告を貼っている人のことです。


その広告をクリックして商品を買った人がいると、広告を貼った人に報酬が入ります。商品ごとに報酬は変わります。


わたし自身ブログを運営しているからよくわかるのですが、いかにも効果がなさそうなダイエットサプリって、アフィリエイトの報酬金額が高いです


だから商品を紹介したくなる気持ちはよくわかるのですが、ある意味悪事に加担しているようなものです。




まとめ

「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんがインタビューされた記事を読んだ感想を書きました。この記事を読めば、ダイエット商品の選び方がよくわかります。


ざっくりまとめると、

・運動系DVDなど、痩せる理由がはっきりしているダイエット商品は「痩せられる」傾向にあり


・ダイエットサプリは買うべきではない


この2つを抑えておくだけでも、賢いダイエッターになれるでしょう。



わたしは特に「悪質アフィリエイト記事」について勉強になりました。


このブログでは、自分が安心して使うことができるダイエット商品だけ紹介していきます。


逆にあやしいダイエット商品があれば、「これは買わないほうがいいよ!」と断言していきたいな、と思います。


ダイエットに興味がある方にオススメの記事

www.yasetabe.com
www.yasetabe.com
www.yasetabe.com
www.yasetabe.com
www.yasetabe.com
www.yasetabe.com