eat hack

管理栄養士が「食」のライフハックをまとめているブログ

おからパウダーの使い方3選|お菓子をガマンするために使うのがオススメ!

おからパウダーダイエットが「楽痩せダイエット」として話題ですね!


おからパウダーで痩せる理由は、食物繊維たっぷりのおからパウダーを食事や飲み物といっしょに食べると満腹感が得られるので、自然と間食や食べ過ぎをガマンできるからです。


この記事では、ダイエットに効果的なおからパウダーのおすすめの使い方について管理栄養士がまとめています。ダイエットの参考になれば幸いです!

おからパウダーのおすすめの使い方

おからパウダーを食事の最初に食べる!

f:id:migaruhack:20180907200702j:plain

おからパウダーは朝・昼・晩の3食で、スープなどの汁物にまぜて食べるのが基本。


「満腹感を得る」というおからパウダーの最大のメリットを活かすために、おからパウダーを入れた料理を食べるタイミングは、食事のいちばん最初がおすすめです。そのために、おからパウダーはいろいろな料理に少しずつかけるのではなく、1つの料理にいれましょう


おからパウダーをいれた料理を完食したあとに他の料理を食べ始めると、おなかいっぱいになり始めているので、自然と食べ過ぎを予防することができます。

間食はおからパウダーをいれた飲み物オンリーに!

f:id:migaruhack:20180908111230j:plain


間食を我慢するためにおからパウダーを活用しましょう。


コーヒーや紅茶などの飲み物におからパウダーをスプーン一杯いれて飲むことで満腹感が得られて、お菓子をガマンすることができます。毎日ついお菓子を口に入れてしまうという方には、かなりダイエットに効果的な方法です!

料理におからパウダーを活用!

f:id:migaruhack:20180907200445j:plain


おからパウダーを小麦粉や片栗粉のかわりに、揚げ物のころもづけなどに使いましょう。小麦粉や片栗粉よりもカロリーが低いので、代わりに使うと簡単に食事のカロリーを減らせます!


150ccあたり、小さじ一杯のおからパウダーを加えるとうまくとろみがつくので、片栗粉のとろみづけの代わりに使えます。


小麦粉のかわりにおからパウダーをお菓子作りで使いたい時は、丸まる置き換えるとうまくいかないレシピもあるため、以下の公式サイトのレシピを参考にしてくださいね^^
[ 公式 ]おからパウダーOfficial WebSite | さとの雪食品株式会社

おからパウダーのおすすめの使い方とダイエット成功のコツまとめ

おからパウダーのおすすめの使い方とコツについて解説しました。
簡単にまとめますね。

食事中に満腹感を得るために、おからパウダーをいれた料理は一番最初に食べよう。そのために、おからパウダーをいれる料理は絞りましょう。


間食をガマンするためにおからパウダーを活用しよう。おなかがすいたらおからパウダーをいれた飲み物をゆっくり飲むのがおすすめ。


小麦粉や片栗粉のかわりにおからパウダーを使って、料理のカロリーを減らしていこう。お菓子作りの時はレシピに注意。


おからパウダーのメリットは、手軽に低カロリーで満腹感が得られることです。ダイエットの強い味方なので、上手に活用していきましょう^^